ellegardenとは?

ellegarden(エルレガーデン)プロフィール


ELLE GARDEN 1998年12月31日結成、細美武士(Vo,Gt)生形真一(Gt)高田雄一(Ba)高橋宏貴(Dr)

ELLEGARDEN(エルレガーデン)は、日本のインディーズロックバンド。メンバーは細美武士(Vo,Gt)・生形真一(Gt)・高田雄一(Ba)・高橋宏貴(Dr)の4人編成。GROWING UP/Dynamord Label所属。
略称「エルレ」。

音楽傾向として現在はメロコアを基調とした軽快なサウンドを主とするが、初期の楽曲は細美がELLEGARDEN結成以前にひとりで作っていたものも多く含まれており、グランジ色が強い。

現在では、時にエモに捉えられることがある。

バンド自体はどのジャンルを演奏するかということには固執していない。

詞は、曲とは裏腹に後ろ向きなものが多く、そこが魅力だとするリスナーも多い。

英詞の楽曲が多くを占めるため、英語圏のバンドと誤認されることが多い。



○メンバー

・細美武士(ほそみ たけし )ボーカル&ギター
ほとんどの曲の作詞・作曲を担当。
Weezerを尊敬するバンドに挙げている。
ELLEGARDENを結成する前に組んでいたバンドはデビュー目前にして解散。
音楽をすることが社会に対する「逃げ」なのかを判断するため就職し、数ヶ月サンフランシスコでプログラマとして働いていた。
その後、生形に誘われて音楽活動を再開する。

元々はギター担当であったが、当時組んでいたバンドのボーカルが風邪を引いた時に代わりに歌ったことが高い評価を得、そのボーカルの代わりに細美がボーカル担当となった。

・生形真一(うぶかた しんいち )リーダー&ギター
高田とはELLEGARDENを組む前から同じバンドである。
「The End Of The World」「Raindrops」『Don't Trust Anyone But Us』の作曲をしている。

・高田雄一(たかだ ゆういち )ベース
ラジオでは「高田スイッチ」で暫し登場する。
ライブ中にベースの音が鳴らなくなるという、原因不明の事故が度々起こる。

・高橋宏貴(たかはし ひろたか )ドラム
ドラムの他にピアノ、ギターが弾ける。
「ELLEGARDEN」というバンド名の名付け親。
元々はギターをやっていたが、後にドラムに転向する。



・1998年
12月31日:千葉県で結成。

・2001年
5月23日:『ELLEGARDEN』リリースによりインディーズデビュー。

・2005年
2月26日:SUM41“Japan Tour 2005”にてオープニングアクトを務める。

・2006年
4月15日:アメリカにて『RIOT ON THE GRILL』アメリカ盤を発売。
日本盤とはジャケットが異なり、ELLEGARDENのアーティスト写真が使われる。
3月18日:アメリカテキサス州オースティンで行われた「SXSW 2006 Music Festival」に出演。
3月20日〜3月27日:アメリカのニューヨーク、ボストン、フィラデルフィア、シカゴ、デンバー、シアトル、ポートランドを回るツアーを行う。
オリコンのシングルウィークリーランキング初動売り上げ枚数がインディーズで歴代第1位を記録する(シングル「Salamander」が初動売り上げ7万枚、最高位3位)。
オリコンのアルバムウィークリーランキングで「ELEVEN FIRE CRACKERS(2006/11/08発売)」で自身初となる首位を獲得した。

「ELLE」は長さの単位。高橋は「ELLE」という言葉と「GARDEN」という言葉に知的な響きを感じた事からこの名前を思いついた。ちなみに、細美は最初「UB-JETS(ウブジェッツ)」というバンド名を考えていたが、メンバーに却下された。(「UB-JETS」の「UB(ウブ)」はギターの生形から)
「虹」(アルバム『RIOT ON THE GRILL』収録)は、NANAIRO-ELECTRIC TOURの新潟公演の後、細美、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、ホリエアツシ(ストレイテナー)の3人でホテルを抜け出し、そこから戻る最中に彼らが一緒に虹を見たことを元に完成した。

※Wikipedia編修